いい姑でも嫁は気を使ってしまい精神的にも疲れる

姑と一緒に暮らす夫婦はロクにセックスもできなくなる

最初の妻や息子たちと住んでいたのは私名義の一戸建ての家であったが、私にすべからだての非があったのだから、何も持たず体一つで出てきた。その後何年間かに蓄えたものは、二度目の妻との離婚にすっかり使ってしまった。大学教員の毎月の給料は、養育費などを支払い、息子たちの結婚資金にも、少しずつでも取り除けておいてやらねばならないとすれば、あとは何ほども残らない。当てにできるのは退職金だけ。税金を引いて二千万円そこそこという。一般の勤め人の場合と比べると、これでも非常に恵まれた部類に属するらしい。

お金のことをいうのは卑しいことだとして、自分の給料が正確にいくらなのかさえわからずに平気でいたのだが、これではどうなることかとがくぜんとした。三度目の妻は後妻の子で、父親はすでになく、実家は腹違いの兄の代になっていて、何の援助も期待できなかった。猶予なく官舎を出なくてはならない定年は、すぐ先に迫ってきていた。ぎりぎりまで追い詰められて退職金の二千万円に、かりに無理をしてさらに一千万円を調達して加えたとしても、長く安心して住み得るような家を手に入れることができないのは、この辺りの地方都市においても同じである。

公社や民間業者の分譲宅地や建て売り住宅、新聞広告での売り家など、何十というほども見て歩いた。人にも頼んだ。しかし、当然のことだが、手の届く範囲のものは、どれもまともには使いようのない物件ばかりであった。この家の話は、その間何度か妻とのあいだで出なかったわけではない。しかし、それはもう何年も前の話であり、いまもそのまま残っているとは考えられず、単なる話の種として、途方に暮れる思いであったときに、ため息まじりにいってみていたにすぎない。
イクのが早いんですけどこれって早漏だと思います。そんなに困ることは無いんですけどもっと長くセックスしていたいし、舐められた時ももっと長くしてもらいたいんで、我慢を重ねて鍛えています。
自分が思っている以上に、性欲というものは自分自身をがんじがらめにしてしまうものなので、定期的に日本橋 風俗のお店に行って性欲を解消しておくということは非常に重要だと思います。
わたしが梅田主婦風俗求人で働いてみていちばんよかったなと思うことは、高いお給料はもちろんですが完全自由出勤なので、自分の時間が持てるようになったことですね。


何のいさかいもあったようではない。何度か会ったが、きちょうめんで真面目な大人しい人であった。だからこそ、余計に疲れやすかったのだろう。模範的な舅姑でありたいと思っていた、同様に真面目で善良なこの親たちは、疲れやすいこと以外に非のない嫁に、むしろ同情し理解を示したのであった。

息子たちも努めて親たちのところに顔を出すように心掛けていた。それぞれに努力はしていたのだが、描いた夢との落差は大きかった。気を紛らせることをも兼ねて、舅はまた働きに出るようになった。信州方面への出稼ぎで、しばらく舅が留守にしたとき、姑は首をつった。六ヵ月後に舅があとを追うことになる。息子たちが家を出たとき、こんな悲劇が起こると、予想した者はいなかった。
最新情報

2013/09/29 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/25 新着記事を更新しました。
2013/09/24 夢の実現を更新しました。
2013/09/21 注目の的を更新しました。
2013/09/19 想像の働きと重要性を更新しました。
2013/09/17 気味悪さへのとまどいを更新しました。
2013/09/16 姑と一緒に暮らす夫婦はロクにセックスもできなくなるを更新しました。
2013/09/13 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
上野風俗ぴゅあらばAAA風俗チャンネル
街中の完全素人娘エステ、清楚でお姉様系ヘルスを展開店舗型風俗店、デリヘル、女の子など風俗最新情報を簡単に検索できます。風俗嬢動画、割引チケットなどを掲載している風俗情報ポータルサイト